ガンと放射線治療

放射線治療の現在の取り組み

ガン治療は、外科的手術や抗がん剤の投与、放射線治療などによって行われます。これらはガンの三大療法と呼ばれています。ガン治療はこれらの治療法を併用して行われる場合がほとんどです。放射線治療は、ガン細胞そのものを放射線で破壊する治療法になります。 放射線治療のデメリットは、つらい副作用があることです。そのため放射線治療では、副作用を軽減させるための取り組みを行っています。治療機器の改良は、副作用を軽減するための取り組みの一つです。 最近の放射線治療を行う治療機器は、マイクロトロンやリニアックなどの放射線を短時間でガン細胞に照射できるようになっています。健康な皮膚細胞を破壊することなくガン細胞を破壊できるため、副作用の軽減に結びついています。

放射線によるガン治療を受ける方法

放射線治療は、放射線科で治療を受けることができます。一般的には、いきなり放射線科を受診するのではなく、内科や外科などから紹介を受けて受診するケースがほとんどです。 ガンの発見は主に内科で行われます。ガンを発見した内科は、外科的手術が必要であると判断した場合には、ガン専門医が在籍している外科を患者さんに紹介します。放射線治療が必要であると診断された場合には、患者さんに放射線科を紹介します。 放射線科の放射線治療は、強度変調放射線治療に対しても保険診療が適用されるようになっているため、3割負担の保険診療で治療が受けられます。保険会社のがん保険に加入している場合には、保険金が支給されるケースが多いです。